【エクセルVBA】連続した重複を発見し、列の一番端にフラグをたてるマクロ

こんにちは!シバマメです。

今日は、連続して同じ内容を発見し列の一番右にフラグをたてる(1を記入)するマクロを紹介します。

どの列の重複を探したいのか、何列目かを指定して重複を探すことができます。

1でフラグがたっていれば、後から並び替えや削除もらくらくですね。

※ただし注意が必要です。

 連続した重複しか探せないので、並べ替えをしてから使用してください。

 近日中に、並び替えして重複を探すバージョンも公開予定です!

 お手間かけてすみません(T_T)

 

 

 

使い方

1

2

  • 対象のエクセル表を開いた状態でマクロを実行します。 F5 or ▶ボタンで実行

3

  • 実行すると、↑のように重複を探す列をきかれるので、数字で列を記入しましょう。  A列なら数字の1です。
  • すると、一番右列に1が立ちます。あとは削除など自由自在ですね。  この例は短いデータですが、数百行とかあると便利です。
シバマメのラインスタンプ販売中です!

↓よろしければクリックお願いします🌼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です