Chromeリモートデスクトップで、フタを閉じたノートPCを操作できない時の対処法

日本では、テレワークが減りつつあるようですが、

まだまだテレワークの方も多いかと思います。

僕は、テレワーク&出社のハイブリッド形式です。

個人的には、これが一番良いですね。

テレワーク時に、

遠隔で、会社のPCを操作できると便利です。

※会社によっては、禁止されているところもあると思うので、

    注意してくださいね。

 

ノートPCをリモート操作するときに、

acerのSwift3を使っているんですが、

大きな問題がありました。

ノートPC本体の電源が入っていても、

画面を閉じていると、画像が更新されず使い物にならないのです!

最初は、

Chromeリモートデスクトップは、本当に遅くて使いづらいなと思いました。

しかし、

ホスト側(操作される側)の画面を開いていると、

実にスムーズに動きます。

ホスト側の画面を閉じていると、

全然動きません。

電源設定なども、画面を閉じてもスリープしない、画面の電源を切らない設定にしておりますが、

このような問題が発生してしまいます。

画面を開いておけば良いんですが、

開いておいておく場所が無いのです。

解決方法を色々模索しました。

 

①ホストの画面を開いておく

    間に筆箱をはさんでみました。

    これだと画面に傷がついたらいやなので却下です。

⓶HDMIケーブルをつないでホストの画面を閉じてみる。

   ダメでした。

③外部モニタについないで、ノートPCを閉じておく、

    これだとOKです!でも、モニタの電源をいれておくから、意味ないですね…

③これは、購入してないんですが、

    こんなものがあるようです!

 

 

⑤HDMIで外部ディスプレイにつないで、一度外部出力してから、

 HDMIケーブルを外部ディスプレイから抜きます。

 これはOKでした!

結局、僕は場所を作ってモニタを開いて運用しております。

④も結構興味ありますので、機会があったら購入してみようと思います。

 

シバマメのラインスタンプ販売中です!

↓よろしければクリックお願いします🌼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です