【エクセル】列や行を隠すときは、非表示よりもグループ化が便利。

こんにちは。シバマメです!

項目が沢山あるエクセルの表とか、

見づらいですよね。

でも、消してしまうと困る。

そんなとき、皆さんどうしてますか?

例えば毎月の売り上げの推移と、合計とか。

合計を見て判断したい時に、

月を消したくなりますよね。

やっぱり「列を非表示にして見やすく!」でしょうか?

こんな表も、非表示をつかうとスッキリ見れます。

対象の列を選択して、

右クリックでメニューを表示して、

非表示 を選択します。

ちなみに、非表示のショートカットはこちらです。

Ctrl + 0

憶えておいて損のないショートカットです。

でも、非表示って、

再表示したり、また消したりして使うの面倒です。

毎回、非表示にしたい列を選択しないといけません。

じつは、もっと便利に列を非表示にする機能があります。

グループ化を使います。

やり方は、

対象の列を選択し、

メニューからデータを選択し、

グループ化を選択します。

グループ化の、ショートカットは

Shift + alt +

ですので、

これも憶えてしまいましょう。

グループ化すると、[-]の記号が列の英文字の上に出てきます。

これをクリックすると、[+]の表示に変わり、

列がたたまれます。

見たいときと隠したいとき、クリックひとつで変更できます。

便利ですね!

 

もう一つ、しょっちゅう使うファイルでしたら、

VBAで対応する方法もあります。

そちらは、別に機会で紹介いたします!

 

シバマメのラインスタンプ販売中です!

最近↓の本購入しました。すごく良いです!僕は素人VBAですが、ワンランクアップ出来そうです

↓よろしければクリックお願いします🌼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です