【PC生産性向上】WindowsをMac風のかな入力切り替えにする。

僕は、MACもWindowsも両方使ったんですが、
どうしてもWindowsで気に入らない点があります。
MACが優れているのに、Windowsが取り入れないのが不思議な、
「ローマ字」と「英数」の切り替えです。

それと、Ctrlキーの位置も気に入りません。がそれは別の機会で。

MACは、スペースバーの隣に、
「カナ」キーと「英数」キーがあり、
直感的に、簡単に切り替えができます。
そして、ホームポジション位置から、非常に押しやすいです。両方の親指で切り替えできます。
日本人なら、「カナ」と「英数」の切り替えはかなり頻繁に行うので、
とても使いやすい配置です。

してWindowsは、
この押しづらい(左手小指)位置の
[半角/英数]キーで切り替えます。

1回押すとカナ、もう一回押すと英数、もう一回押すとカナ、
というように切り替わります。
この切り替わりも、とても分かりづらく使いづらいです。

Windows10は、簡単に「MAC風カナ入力」切り替えができるようになりました!

  1. タスクバーのIMEのアイコン(「あ」とか「A」とか)を右クリック

設定を選択してクリック

 

2. キーとタッチのカスタマイズを選択

3. 各キーに好みの機能を割り当てるをオンにします。

 無変換キーをIME-オフに

 変換キーをIME-オンにします。

これで、Windowsのスペースバーの隣にある[変換][無変換]キーが、MACの[カナ][英数]キーのように使えます。

実は、最近のキーボードは、

[変換][無変換]の位置に、[カナ][英数]の印刷されていたります。

僕は、Microsoftのデザイナーコンパクトキーボードを使用しているのですが、

こんな感じで、すでに印字されています。むしろ[変換][無変換]の印字はありません…

 

 

僕は、マットブラックを使っています。

最近ほしいのは↓これです。僕は、打ち間違いの少ないアイソレーションタイプが好みです。

入力って、とっても大切だと思います。

考えたことを、スムーズに文章化すること、

自分と一体のようにPCを動かすこと、

実現には、CPUの性能とかよりも、キーボードと入力方法が重要だと思います!

シバマメのラインスタンプ販売中です!

↓よろしければクリックお願いします🌼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です