テレワークに最適!IPアドレスを一瞬で切り替える方法

自宅と会社でIPアドレスの変更が面倒だなあ…

こんにちは!シバマメです。

コロナはとっても嫌ですけど、

憧れのテレワークが一気に増えました!

僕の業界は、原始的な業界なので、コロナがなければ一生テレワークにはならなかったと思います。

捨てる神あれば、拾う神ありですね!(この使い方は、ちょっと間違ってるかもしれませんね)

テレワーク、僕は大好きです。

話しかけられないので、集中できます。

クローゼットを改造して、専用のテレワークルームを作ったりしてます。(秘密基地感覚で楽しいですね!)

テレワーク中に、一点不便だなと思う点がありました。

会社のPCを会社のWifiでつないでいるときは、会社から与えられたIPアドレスの設定が必要です。

でも、自宅では、IPアドレスは自動的に割り振られる必要があります(DHCP)

この切替を自動にしているのですが、(代替の設定です)

この切り替わる時間が数分かかります。

代替の設定を使わない場合は、ネットワークの設定を開き、

IPアドレスを打ち込む必要があります。

会社出社時に、朝、急ぎで出社ボタンを押したくても、

なかなかネットにつながらずボタンが押せません(T_T)

こういう経験された方結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そのIPアドレスを一瞬で切り替える方法を紹介します!

概要を説明すると、指定のIPアドレスに変更するバッチファイルと、

DHCPに変更するバッチファイルを作成します。

この2つのバッチファイルを「管理者で実行」でクリックすれば、一瞬で設定が切り替わります。

やり方

DHCP設定に一瞬で切り替えるバッチファイルを作成

テキストファイルに、下記のコードを打ち込む

※name = “Wi-Fi” ←ここのWi-Fiは、各自下記の方法で確認して入力してください。

 調べる手順

    Windows画面の左下の検索窓に、[ネットワーク接続]と入力すると、

 ↓の画面になります。ネットワーク接続の表示をクリック。

 ここにでている名前をname=の部分に入力します。

 この場合は、Wi-Fiですね。

        

2. テキストファイルの拡張子をtxt→batに変更すると、バッチファイルの完成です。

3. 実行方法

 バッチファイルにカーソルを持っていき、右クリック。

 「管理者として実行」選択してクリックして実行します。

 一瞬でIPアドレスの設定が変わります。

 

会社指定のIPアドレスの設定に一瞬で切り替えるバッチファイルを作成

上記のコードを、テキストファイルに入力して、拡張子をtxtからbatに変更します。

コードのxxxの部分にIPアドレスを入力します。

下記のように対応しています。

 

上記の2つのバッチファイルを、デスクトップなどにおいておけば、 一瞬でIPアドレスの切り替えができます。 とっても便利です! 注意点は、普通に左ダブルクリックでは実行できないこと。 右クリックして、[管理者として実行]を選択して実行してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です