【エクセルVBA】エクセルの関数をVBAで使う方法。一番右の列に指定月までの累計を表示するマクロとともに。

VBAももちろん便利ですが、
エクセルの強みは、ワークシートだと思います。
データベースのように使えたりとか、
便利な関数を使って、表の上で計算できます。
エクセルVBA自体にも、様々な関数がありますが、
エクセルの関数もVBAで制御することが出来ます。
エクセルの関数をワークシート関数といいます。
とっても簡単です!

ワークシートの関数を使うには、

WorksheetFunction.エクセルの関数名()のように書きます。

今回の場合は、WorksheetFunction.sum()ですね。

InputBoxで、何列目~何列目まで累計するかを聞いて、

自動で一番右に累計行を追加して計算するマクロを作成してみました。





↓よろしければクリックお願いします🌼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です