【エクセル】指定した月までの累計をsum関数とoffset関数で簡単に計算する方法

こんにちは!

シバマメです。

毎日雨で嫌になっちゃいますね。

コロナ禍のレジャーとして、ドライブに行こうと決めたのですが、

雨なのでなかなかドライブ日和がやってきません…

今日は、指定した月での累計の計算を簡単にできるようになる、

sum関数にoffset関数を入れ子にする方法の紹介です。

例えば、下のように3カ年の出荷数量を比較した表があります。

お気づきと思いますが、この合計を計算しても正しい比較になりません。

2020年は、まだ7月なのです。

2018年と2019年は12月まで終了しているので、

これだと正しい比較ができませんよね。

比較はApple to Appleが原則ですね!

やり方は簡単です。

①何月までを合計したいか入力する枠を作りましょう。ここではB2

②一番右に累計の列を追加

③累計の列には、下記の関数を入力

  • sum関数は()内の範囲を合計する関数です。
  • offset関数は、基準のセル~上方向・右方向に指定した個数分の範囲を指定する関数です。 ここでは、C5を起点にして、B2で指定している右方向に5セル分移動しています。
  • 下記がP5のセルの説明です。P6のセルは、C5の部分がC6に変わります。P7のセルはC5の部分がC7に変わります。
  • ,,,1 の部分は、同じ行での処理でしたら1ですので、このような使い方の場合は、常に1になります。
  • 今回はご紹介していませんが、日付を取得するtoday関数を使って、前月までの累計を自動で表示させる方法もあります。

 

 




↓よろしければクリックお願いします🌼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です