議事録はMarkdownで書くと便利 その2

議事録はMarkdownで書くと便利_その2

議事録はMarkdownで書くと便利

議事録はMarkdownで書くと便利 その2

こんばんは!

シバマメです。

前回は、議事録を綺麗に書くために、

Markdown記法で書くと便利。というお話でした。

今回は、実際にMarkdownを書くために使用するツールを紹介していきたいと思います。

書くためのツール=テキストエディタですね。

非常に有名なテキストエディタは、Windowsについてるメモ帳とかです。

僕も最初は、Atomを使用していたんですが、

Atomは、PCのスペックによっては結構重いです。

人気急上昇中のテキストエディタVisualStudioCodeに変えてからは、

サクサク書けるようになりました。

VisualStudioCodeのメリット

  • 無料
  • Atomより軽い
  • 標準でMarkdownのプレビュー機能が使える

↓VisualStudioCodeの人気具合はこちら
https://job-draft.jp/articles/419

VisualStudioCode導入

  • こちらからダウンロード
    https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/
  • まずは、わかりやすくするために日本語化しましょう。
    1. menuバーのviewを選択し、command paletteを選択
    2. Configure Display Language を選択
    3. 左カラムに選択肢が複数表示されるので、日本語を選択

これで準備は完了です。

次回は、Markdownを実際に書いて見ましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です