MacBookProのキーボードを使いたいWindowsユーザーが選ぶ外付けキーボード

数年前に、MacBook Proを購入してから、

キーボードはMacBook Proが1番で、あのキーボードに魅せられています。

しかし、家よりもずっと長時間PCを使用している会社では、

MacBookではなくて、ウィンドウズです。
ましてや、安いDell製のパソコンについている標準キーボードは、

全くつかいづらいので、自腹で外付けキーボードを購入して使用しています。

仕事で使うPCに求める1番は、キーボードです。

CPUや、ハードディスクの容量は二の次です。

1番、キーボード
2番、大きくて高解像度のモニタ
3番、マウス
4番、メモリ
5番、SSD

仕事でつかうパソコンに必要なのは、
快適な入力と、
軽い処理をキビキビとこなすことと、
複数作業ができるデスクトップ画面なのです。(僕には)

会社のキーボードに、自腹でキーボードを

付け替えて使っているのは僕くらいですが、(弊社では)

もう、5台くらいは買い換えてると思います。

理想としては、

Macの純正外付けキーボードのウィンドウズ版があれば良いのですが、ありません。

キー配列が違うから、そのまま使えないのです。

キー配列をソフトウエア的に変更してつかう方法もあるのですが、

ウィンドウズパソコンで、Macのキーボードを使っていると、

格好つけていると、誤解されるのが嫌なのです…

MacBook Proのキーボードには追いつきませんが、

現時点の最適解ではないかというキーボードを見つけました。

エレコムのTK-FCP082BKです。

どこが良いのかというと、

・アイソレーションキーボードである。
これは、使ってみて初めて分かりますが、
隣りのキーと離れているので、
タイプミスがなくなります。

・キーピッチが、19ミリである。
手が小さい僕ですが、
キーピッチは19ミリが理想と思います。

・パンタグラフ式で、軽い打鍵でタイプできる。
理屈で考えても、少しでも弱い力で押せるほうが疲れませんね。でも、フィードバックがないと押したかわからないので、軽くタイプできるのに、クリック感があるのが理想的です。

・無難な見た目である。仕事でつかうのに、ロジクールとかの丸いキーボードは使いづらい。無難な見た目が良い。

・テンキーがない。
仕事はテンキーでしょ?数字うたないの?と思われるかもしれません。
でも、テンキーが無いと良い理由があるのです。まずは、マウスへの距離が近く、すぐにマウスに持ち替えができます。体にマウスが近く、操作しやすいです。
それと、数字テンキーではなくて上部の数字キーをブラインドタッチしたほうが早いと思います。(人それぞれかもしれません)

このエレコムのTK-FCP082BKキーボードは、

上記を満たしていて、MacBookのキーボードの良いところと同じです。

反対に悪いところは、

値段が安いからというのもあるかもしれませんが、

ボディに剛性感がありません。すぐに慣れますが。
それと、クリック感はMacBookの方が上です。

でも、値段を考えると、このキーボードは、

MacBook Proを、日常使いしている人が、会社のウィンドウズで使うキーボードに一番適していると思います。おすすめです!

エレコム キーボード 有線 コンパクト Windows・Mac・iOS・Android対応 パンタグラフ式 ブラック TK-FCP082BK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です